これまで以上に高性能になった新しいTrance Xシリーズは、オールラウンダーとしての多用途性と、テクニカルな地形での優れたコントロール性を兼ね備え、先進的なトレイルバイクのフルコレクションを実現しています。日本国内では、フルカーボンフレームとALUXX SLアルミフレームの3モデルをラインナップし、幅広いライダーと地形に対応します。

すべてのトレイルは唯一無二であり、すべてのライドが挑戦であるという考えから生まれたこのシリーズは、最新のトレイルライドジオメトリを採用すると共に、リアサスペンションシステムも再設計し、独自の「FLIP CHIP MAESTRO 3」システムへのアップデートによりジオメトリが3段階で調整可能になりました。また、29インチまたは27.5インチのリアホイールを装着するマレット仕様にも対応し、テクニカルな地形で最適なパフォーマンスを発揮します。

Trance X Advanced

カーボントレイルMTB

新型TRANCE Xは、「FLIP CHIP MAESTRO 3」システムへとアップデートされると同時に、リアホイールトラベル量が前世代よりも5mm長い140mmとなりました。150mmのフロントフォークとコンビネーションで、さまざまな地形において滑らかでアクティブな感触を実現します。また、フレームジオメトリを調整し、地形に合わせてリアホイールのサイズを変更できます。

Trance X

アルミトレイルMTB

テクニカルなトレイルで自分の流れを見つけよう。調整可能なジオメトリ、リアホイールサイズの変更オプション、そして140mmの新型マエストロリアサスペンションセットアップを備えたこのトレイルバイクは、ライダーに自信を与え、シングルトラックを優れたコントロールで駆け抜けます。

調整可能なトレイルジオメトリ

フレームには 3つのポジションに設定可能なフリップチップが2箇所組み込まれ、ライダーはライディングスタイルやトレイルの状態に合わせ、ジオメトリを調整することができます。

FLIP CHIP - HEADSET

ヘッド部にある「FLIP CHIP HEADSET」で、ショート(-5mm)、ミドル(0mm)、ロング(+5mm)とリーチを5mm刻みで3段階の調整ができます。最もニュートラルなミドルポジションに対して、リーチが短いショートポジションは、タイトでテクニカルなコースに最適です。長いリーチのロングポジションは、より安定性をもたらします。

詳しく見る

FLIP CHIP - MAESTRO 3

ロッカーアームにある「FLIP CHIP MAESTRO 3」で、「ハイ」「ミドル」「ロー」の3ポジションを選択することで、ヘッドチューブの角度(64.4、64.8、65.1 度)、シートチューブの角度(76.8、77.2、77.5度)とボトムブラケット高(40、35、30mm)の調整が可能です。フリップチップの設定をハイポジションにすると、地面とのクリアランスが大きくなり、タイトでテクニカルな地形に適しています。このポジションでは、シートチューブの角度が急になるため、上り坂でのパワーアップにも役立ちます。ローポジションに設定すると、ヘッドチューブ角が緩くなり、ボトムブラケットが下がります。これによって、高速域で安定感のあるハンドリングをすることができます。よりニュートラルなセットアップが必要な場合は、ミドルポジションが汎用性の高い設定となります。

詳しく見る

MAESTRO SUSPENSION

マエストロサスペンションシステムのアップデートにより、すべてのトランスXモデルにリアトラベルが追加されました。Trance X AdvancedとTrance Xモデルはトラベル量が135mmから140mmになり、150mmのフロントフォークと組み合わされています。

GIANTのエンジニアは、アンチスクワット、アンチライズ、レバレッジ比のベストバランスを実現するために細心の注意を払っています。これらの重要な要素は、Trance Xシリーズの基盤をなし、パワーの伝達方法、制動力の管理方法、そしてバイクが常に変化する地形とどのように相互作用するかを形作っています。

TRANCE X SUSPENSION SCIENCE

フレームストレージ

ダウンチューブには新たにストレージが設けられ、補給食やライドに必要なツールが収納できます。耐水素材を使用したバッグが付属し、携行品を保護します。

フレームマウント

トップチューブの下に設置されたマウントは、追加の収納を可能にします。

フレームの保護

ダウンチューブの下側には、より強固なプロテクションが施され、岩や破片からフレームを保護します。